1. ホーム
  2. ≫コラーゲンは単なる美容液ではない!特徴的な構造と異質な物質。肌のハリとの関係

コラーゲンは単なる美容液ではない!特徴的な構造と異質な物質。肌のハリとの関係

美容液

コラーゲンは単なる美容液ではない!

体全体の健康増進に役立つ!

魚のウロコの主成分の一つであるコラーゲンの基本的な働きをご紹介します。

コラーゲンは知っている人が多いですよね。
最近は、どの化粧品を見てもコラーゲンが入っています。

コラーゲンは、単なる美容液として優秀なだけでなく、私たちの体全体の健康増進に役立つ効能を持っています。

特徴的な3重のらせん構造と異質な2つの理由

私たちの体は、水、脂肪、無機質、たんんぱく質の4つの物質で作られています。

このうち、水について多いのがたんぱく質で水を除くと体の70%がたんぱく質で締められています。

体内のたんぱく質は、およよ500万種もあると言われており、その約3分の1がコラーゲンです。

コラーゲンは、たんぱく質の中でも極めて異質の存在です。

<異質な理由その1>

多くのたんぱく質が球状ですが、コラーゲンは、細長い線維状です。

これが絡み合った3重のらせん構造になっています。

<異質な理由その2>

細胞と細胞をつなげる足場の役目

コラーゲンは、細胞の外に存在しています。

ほかのたんぱく質はすべて、細胞の中に存在していますが、コラーゲンは細胞の外側にあって、細胞と細胞をつなげる足場のような役割をしています。

レンガ壁に例えるなら、細胞というレンガの隙間を埋めるセメントにあたるのが、コラーゲンです。

コラーゲンが、生体を支える「構造たんぱく質」と呼ばれるのは、こういった点からです。

コラーゲンがいろんな細胞をつなぐことで、バラバラにならずにすんでいます。

皮膚本来のハリとつやを生み出す

皮膚構造

真皮のコラーゲンが皮膚にハリを与える

皮膚のハリとツヤを生み出しているのもコラーゲンです。

皮膚は、外側から

◯表皮
◯真皮
◯皮下組織

の3層に分かれています。

皮膚の本体をなす真皮の主成分がコラーゲンで、約7割も占めています。

真皮の中のコラーゲンは、骨の中と同様にお互い橋をかけあい、網目状に張り巡らした線維の間に大量の水分を抱え込んでいます。

これが、皮膚本来の弾力を生み出す原動力になっています。

肌にシワができる仕組みとは

年を重ねるごとに真皮のコラーゲン代謝が衰えていきます。
そうなると、余計に、細胞と細胞の架け橋を作る必要になり、皮膚の水分がどんどん消失し、カサカサに乾いた肌になり、そこにシワができます。

紫外線や排気ガス、ストレスなども真皮の架橋を増やす原因です。
真夏の強い日差しを浴びたり、疲労が重なったりするとシワが増えるのはコレが原因です。

シミ・しばかすの沈着にも関与

真皮のコラーゲンの変性は、表皮にも影響します。

表皮は4つの層に分かれていて、一番下の基底層で作られた細胞が徐々に表面に押し上げられ、やがてアカやフケとなって剥がれ落ちていきます。

表皮でこうした新陳代謝が活発に繰り返されているうちは、皮膚にシミやソバカスができたとしても、すぐに分解されて消えていきます。

ところが、表皮細胞の機能を根底で支える真皮のコラーゲンが変性すると、表皮の新陳代謝も衰えて、シミ・ソバカスの沈着を許す結果につながります。

コラーゲン補給は、肌からではなく、体内から!

コラーゲンドリンク

今、世の中にはたくさんのコラーゲン配合化粧品が売られています。

これはあくまで化粧のためのコラーゲンです。

コラーゲンを肌に直接ぬっても、肌表面の保湿効果が得られるだけです。

皮膚の中には、浸透していません。

本質的な肌の若さを取り戻すには、コラーゲンの豊富な食品を食べて、体の内部から真皮にコラーゲン材料を提供するのが一番の近道です。

毎回コラーゲン豊富な食品を食べる事が難しいのであれば、一番効率的なのが、コラーゲン配合の美容ドリンクです。

シェアをお願いします。